安心して使える、安全な調理器具の選び方

>

調理器具を安心して使うためには。

どんな素材を使ったものがあるでしょう

昔からの定番の調理器具の素材。
ステンレス、アルミ。
とくにアルミ製のものは昔ながらのやかんや鍋を思いつく方も多いでしょう。
煮込み料理などには最適の、手軽で軽量が魅力のアルミ。
しかし日本では定番のアルミ製、海外では健康に影響を及ぼすとして販売規制が行われています。
有害物質が溶け出しやすいとして、体内に蓄積され健康に影響が出る可能性があると言われています。
日本では、まだそれが確立している状態ではないのであくまでも使う本人に任せている状態です。
そんな話もあるという事を知っておくのも、いいかと思います。
幼い子供がいる家庭、妊婦さんなどデリケートな時期などは、少し気にして選んでみるといいかもしれませんね。

日本製、海外製のもの、違いはあるの?

日本で作っているもの、海外で作っているもの、それぞれの調理器具がありますが違いはあるのでしょうか。
見た目から見て見ると、やはり海外製はデザイン性が素敵なものが多いですよね。
海外のキッチンに合わせたサイズの大きいものもあるのが特徴です。
材質も安心なものがたくさんあります。
日本製も安全基準などをクリアし、こだわりのつまった調理器具がたくさんあります。
お値段がはるものでも、まさに一生ものになるような材質にこだわったものもあります。
鍋やフライパンももちろん、包丁やまな板なども。
まな板は一枚板の木製まな板が人気です。
海外製にも負けないくらい、デザインがオシャレなものもたくさんあります。
素材も安心なひのきなど、吸収と乾燥が早いので衛生的で安全といえるでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る