安心して使える、安全な調理器具の選び方

>

毎日快適に料理をするために、安全な調理器具とは。

お気に入りの調理器具をずっと使うためには

調理器具に多い素材の、ステンレスやホーロー。
表面に加工してあるものはなるべく傷をつけないように気を付ける事が大事です。
なかなか調理中に難しいですが、トングやヘラなどはシリコン製のもにするなど、簡単なことで大丈夫です。
そして、無駄な空焚きなどは避けましょう。
高温になりすぎるとデメリットがあります。
例えばフッ素加工のものはフッ素ガスがでてくる、とも言われています。
ですが、260度になるのが目安なので、そこまでの高温になる事がまずないはずなのであまり神経質にならなくても大丈夫そうです。
通常の調理をしていれば、有害物質が溶け出す事はまずないです。
ですが素材の劣化を招き、寿命が短くなるので気をつけましょう。

大事にお手入れをしよう

お気に入りの調理器具を長持ちさせるには、お手入れも大事になります。
毎日使う事によって細かな傷もつき、そこへ汚れが蓄積されてしまう場合も。
鍋に焦げ付きなどは、ゴシゴシとこすらず重曹などを使って掃除をしましょう。
まな板などはよく洗ったあと天日干しをしよく乾かしましょう。
衛生的にきれいに保てれば長い間安心して使えます。
安全な調理器具を手に入れたとしても、お手入れがおごそかになるのはもったいないです。
使いこんでこそ、自分にとって使いやすい一品になるはずですが長く使うぶん、お手入れも忘れずに。
使い込んで味がでる、安全な調理器具のひとつに銅鍋もあります。
お値段ははりますが、見た目も美しく、使い込むととてもいい風合いになってきます。
熱の伝導率が高いので電気代の節約にもなりそうですのでオススメです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る