ドクター

独立開業できるリンパマッサージの資格|自宅をサロンにする事も可能

素早く実践力を

看護師

看護の専門学校は大学に比べると短い期間で勉強をすることができるだけでなく実践的な力を得ることができるとして人気があります。レベルが学校によって違うため国家試験の合格率や就職の状況などを見て進学先を決めるのが良いです。

View Detail

医科系教育機関

学生

医療系の業種につくには大学や専門学校、看護学校もしくは厚生労働大臣が認定する養成施設に入り国家資格を取得することが条件になります。同じ医療系でも学習内容は異なるので、どの分野で活躍したいか考えてから学校を選びましょう。

View Detail

医療系のスキル

カウンセリング

心理カウンセラーの資格を持つことで、子供から大人が抱える様々な心の問題を解決へと導くサポートが行える魅力が挙げられています。資格を活用することで、企業や医療業界での活躍、さらに独立開業まで視野を広げることも可能です。

View Detail

おうちサロンを開業したい

マッサージ

手に職をつける

リンパマッサージは女性に人気が高いリラクゼーションのため、多くのサロンがあります。手に職をつけるということでリンパマッサージの資格を取得し、おうちサロンを開業したいという人も増えてきています。リンパマッサージの資格は民間の資格であり国家試験が必要なわけではないので、取得しやすいという特徴がありますが、それは逆に資格取得者が多いということにも繋がりますので、競争が激しくなりがちだと言えます。また、マンションやアパートの一室でサロンを開設しようとしても規約によって禁止されていたり、サロン内でサプリなどを販売するためには薬事法による知識が必要になるなど、簡単にサロンを開設することができない点もありますので、注意が必要になります。

取得までの期間が短い

リンパマッサージは、他のリラクゼーションの方法に比べると、自分の手があれば行うことができるというのが特長であり、強みでもあります。多くの機器の準備が不要になりますので、比較的安価でサロンを開業することができるのです。また、資格取得までにかかる期間が長くないというのも特徴です。リンパマッサージといっても幾つかの資格がありますが、短いものの場合は数日、長いものでも3か月〜5カ月程度で資格を取得することができます。資格を取得してすぐにサロンを開設することもできますが、始めのうちはお金をもらってリンパマッサージをするということに慣れていませんので、最初は友人や家族にモニターになってもらうところからスタートした方が良いでしょう。専門のスクールに通うと施術の実践経験を積めますし、スクール推奨のサロンなどへの就職サポートを行なって貰えることもあるので、要チェックです。